ツイッターでも出会い系的な出会いがあるって事を実体験に基づいて書いてみる。

もう半年くらい前の話なので、そろそろ書いてもいいのかと。



ツイッターでも出会い系的な出会いがあるって事を実体験に基づいて書いてみる。


ツイッターでセフレ募集。
男のロマンですよねww

しかも出会い系サイトと違って、ポイントとかいらない。
完全無料。

アカウントの登録は必要だけど、電話番号認証とかクレジットカード認証は不要だし、捨てアドのフリーメールで登録ができる。

これって最強の出会い系サイトですよねww
↑当然ながら男女の出会いだけじゃなくて、ビジネスや趣味友のマッチングとして使っている人も多いですよね?

その延長で女性の飲み友だちなんて、その気になれば簡単にできますww
↑セフレ、となるとハードル高いけどww



あらためて、ツイッターと出会い系サイトの比較


<出会い系サイト>
・年齢認証が必要
・有料(完全無料の出会い系サイトなんて、今時ありません。)
「なぜ出会い系サイトは無料で会えないのか?」っていう基本の基本。って記事でその理由を詳しく書きました。


<ツイッター>
・フリーメールで登録可。
・完全無料。
・年齢認証不要

ま、当然の比較ですがww


登録者の目的で比較してみると↓こうなります。

<出会い系サイト>
・一応は出会いを求めている男女
 (デリの業者や大人の関係の援助を求めている女性も多いww)

<ツイッター>
・その他普通の男女
 (たまにエロ垢女子とかパパ活女子もww)

ま、Twitterは出会い系サイトじゃないので、当然ながら男女のマッチングには弱い。
その点、出会い系サイトは一応、男女の出会いに特化しているので、マッチングには強い(ハズ)。

その分、ツイッターで男女の出会いというかセフレを探すのはそれなりのスキルが必要なのです。



ツイッターでセフレを見つけるために必要な作業はたったひとつ

ツイッターのアカウントを作ること!


以上ですww



あなたなら、どんなアカウントを作りますか?

少しの間、考えてみてくださいね。

自分がセフレ募集アカを作るとして、

ハンネは?
アイコンは?
トップ写メは?
BIO(プロフ)は?

どんな人をフォローする?

別に「セフレ募集」とうたう必要はありません。
↑これやっちゃうと、普通の女性からはよくてスルー、ま、ブロックされますよねww


これで、ツイッター上でのあなたのキャラというかクラスタというか人格が決まるのです。



当然、女子ウケがいいキャラになりたいですよね?

女性フォロワーさんが1万人いたって、会えるわけじゃないのです。
逆に言えば、自分のコアなフォロワーさん100人位いれば、一人くらい会えるかもしれない訳です。

自分(のアカウント)が女性に好かれないと。

さて、その前提でもう一度考えてみてください。

どんなハンネにしますが?
どんなアイコン画像にしますか?
どんなトップ写メしますか?
どんなBIO(プロフ)にしますか?

セフレ募集アカ、と思って考えたときと、ずいぶん違っているのではないでしょうか?



その他いろいろなスキルが必要ですww

それはまた、次回。

実体験も次回ww


どんなアイコンなら女子ウケいいのか、悪いのか?
どんなツイートをすれば、女子の高感度があがるのか?

ペイ・フォワードって知ってる?

どうやってツイッター女子とお近づきになるのか?

そんなことを書こうと思っています。



その前に一つだけww

ツイッター女子には傾向があります。

基本的に「承認欲求」が高い、ということ。
自分を認めて欲しい、自分を見て欲しいって欲求が高いから、ツイッターなんかで「ディズニーなう」とか「パンケーキ、ウマー」とかやるわけです。でらぶりつとか欲しいわけです。

ということは、ですよ。
それを満たしてあげれば、それなりに仲良くなれるのです。

しかも、わりと簡単に「自分に興味を持ってくれる女子」を見つけることができるのがツイッターなのです。
↑その辺りも、次回書きますww


その考え方とスキルを身に着けたのがデジカフェなのです。

だってここ、出会い系SNSだから。
出会い系サイト版のツイッターであり、一昔前で言えば、mixiの出会い系サイト版なのです。
↑実際にmixiでもツイッターでも出会いはありましたww




デジカフェ体験談
ウラデジ体験談

デジカフェ攻略法も、カテゴリにまとめてるよ。
サポートもするし!

※最近はワクワクメールの「つぶやき」も推しです。



この記事、どこが「ツイッターでも出会い系的な出会いがあるって事を実体験に基づいて書いてみる。」だったんだろうww
次回以降で完結させないと。

ツイッター女子とお会いするまでの経過・結果もww




関連記事

Comment (0)

非公開コメント