出会い系サイトで会った女性と、一回目のデートでホテルに行く方法

「確実にセフレができる出会い系サイトはありますか?」というよくある質問に答える記事を書いたのですが、その後編です。


出会い系サイトで会った女性と、一回目のデートでホテルに行く方法


出会い系サイトを使ってセフレを作るには、まず、セックスしなきゃいけません。そして気にってくれて「また、シタい♡」と思ってもらえないとセフレはできません(お金があれば、別ですww) そして、実際に会ってみないとセックスはできません。当然の事ですよね。そりゃ、女性だって「セフレがいたらいいかも…。」と思う瞬間はあるかもしれません。でも、男のように年がら年中、セフレがいたらいいなぁ~と思っていたりはしないのです。

まずは、どんな出会い系サイトの使い方をすれば、実際に「会う」段階まで漕ぎ着けるのか?が、前回の記事です。


でも、単に「会う」だけじゃイヤですよね?


どうやったら、出会い系サイトで会った女性と一回目のデートでホテルに行けるか?が今回の記事です。

さて、考えてみましょう。

一回目のデートで女性がホテルに着いてきてくれるパターンって、どんなケースでしょう?


誰とでもセックスしたい、淫乱な女性とアポが取れた時?
↑いいですね、それ。幸せな偶然ですww

出会い系サイトだったらそんな女性がいるんじゃないか、って?
↑いませんww

出会い系サイトだからこそ、いないんです。なぜなら、相手の顔も性格も人物も全くワカラナイ男と会うわけですから。
↑渋谷の肉横町に繰り出してナンパしたほうが、まだ確率高いです。


そりゃ、女性だって怖いですからね。



どうやって一回目のデートでホテルまで行くか?


簡単です。掲示板で割り切りの女性を探して、ホ別で2万円払えばいいのですww
じゃ、解決になってないですねww

でも、実際に出会い系サイトを「割り切り女性」狙いで利用している男性会員も多いようです。2万円+ホテル代で素人の女性とセックスできるなら、それもアリかもしれません(←自己責任でどうぞww) そしてそれだけお金があるのは、正直言ってうらやましいです。

但し、「シロウトの女性」と一口に言ってもいろいろあるようですww

・素人を装ったプロで業者さん絡み
・割り切り専門のセミプロ
・家賃とか生活費、携帯代に困った時だけのいわゆる「シロウト」
・今回が初ワリキリの完全な素人(←ここに当たったら、ラッキーかもですねww)

ま、ここではデリの業者さん→ワリキリの女性のことは考えないことにします。



出会い系サイトなら、即ホテルは当たり前?


そりゃ、出会い系サイトで会った男女が初めてデートするのです。「ホテルに誘われるかもしれない」くらいのことは、女性もある程度想定には入っています。なので、自分が相手の女性の好みに合っているなら、ちょい押せば即ホテルも十分可能なのです。性格のいいイケメンさんなら、少しの押しで落ちるかもしれませんし、逆に不潔で粗暴な男は論外で可能性ゼロですww それに対して、ハゲ・デブ・コミュ障は、少なくともいきなり対象外にはなりません。展開次第です。(程度にもよりますし、お相手さんにもよりますww)

ただ、問題はボーダーラインギリギリの場合。「容姿・性格ともにそんなに悪くはないけど、かと言ってこの人とセックスする積極的な理由もない」というケース。これが8割の男性に対する、8割の女性の印象だと思います。



「普通の」女性に「ホテルにいってもいいかも…。」と思わせるには?


それでは、その方法。

それは…。


「もしかしたら、今日、ホテルに誘われるかも…。」という期待というか妄想を暴走させればいいのです。

そもそも、実際アポが取れるということは、サイト内か直メである程度のコミュニケーションが取れてるということです。コミュニケーションが取れてないと「会う」段階までもた取り付けないということは前回の記事でもさんざん書いています。コミュニケーションなしに「会う」と言うのは一般的な女性の心理としてはあり得ないのです。会えないということはセックスができるハズもなく、当然、セフレもできるわかがありません。

セフレ=恋人とかパートナーではないけどセックスする(こともある)異性、です。
そこには、その人と会う「必然」がなければいけないのです。「必然」という言葉は「ストーリー」と言ってもいいのかもしれません。
※男の場合は「セックスができる」という理由だけでいいので単純ですがww

その「必然」とか「ストーリー」が出会い系サイトでのコミュニケーションなのです。「コミュニケーション」=「自分を女として(人間として)大切に扱ってくれる」という安心感とか満足感なのです。
※モテる男というのは、これができてるからモテるのです。(容姿とか財力とかその他の条件もありますがww)



「即ホ」が可能な出会い系サイトの使い方(仮)


簡単です。コミュニケーションの中に「この人とセックスしている自分」を想像・妄想させるキーワードを忍び込ませておけばいいのです。

例えば、私のイチ推しサイトのデジカフェの場合。ログ(日記)にはオモテとウラがあります。表ログは普通の日常でエロ不可。裏ログはエロもありです。普段はオモテログをメインにして、3対1か4対1くらいの割合でウラログをアップしておく。そうすることによって、オモテでは爽やかで誠実な印象、普通にデートしたりお酒飲んだりのデートを予感させて、ウラでは「この人とセックスしたら、私、どうなるんだろう…。」的な期待というか妄想をさせておく。

同じようなことがワクワクメールでもできます。ここはウラ・オモテがあるわけではない代わりに、「つぶやき」と「日記」があります。わかりますよね?日常的なつぶやきはエロなし。日記の方はややエロにしておく。これで出会い系サイト内でのキャラクターを使い分けることができます。

出会い系サイト最大手のハピメは、つぶやきがなくて日記だけですが、日常とエロを5対1くらいにしておけば、毎回読んでくれてる女性には十分伝わります。

「この人、こんなエッチのしかたするんだ…。」って。



女性に好かれるエッチじゃないと、ダメww


エロと言ってもハードなのがいきなり受け入れられるわけはありません。あくまでも女性を大事にしたセックスじゃないと。ソフトにM心をくすぐるくらいまではアリかもしれませんが、痛い・汚いは当然NGです。「この人に身をまかせたら、私、すごく感じちゃうかも…。」と期待させるエロじゃないと。自分が気持ちよくなるよりも、女性に気持よくなってもらうためのセックスです。女性は感じてくれれば、勝手にどんどんエロくなってくれますからww

あと、誤解が多いのはイカせることに主眼を置かないこと。「感じてもらう」ことをメインにすれば、その延長に「イキ」があるんです。仮にイカかせられなくても、十分に時間をかけて、丁寧に感じさせてあげれば、かなり満足してくれます。初めてセックスする女性をイカせるのって、けっこう難しいですから。(もちろん、お相手さんとか相性にもよりますがww)

そんな丁寧で優しい愛撫をメインにエロログを書いておけば、女性の方が勝手に妄想してくれます。「私、このひととしちゃったら、どうなっちゃうんだろう…。」って。

予めその期待をもって会いに来てくれるのと、「出会い系サイトで初めて会う男性。怖いひとだったらどうしよう…。」と不安を抱えて会いに来るのと、どちらが最初のデートでセックスできる可能性が高いと思いますか?


まとめ
結局のところ「女性も性欲があって、セックスがしたい」というのはある意味では正しいんです。でも、男が「ヤリたい」というのと女性がセックスしたいと思うのは本質的に違いがあると思います。その違いを察して、女性を優しく包んであげられれば、最初のデートでホテルに行くこともそれほど難しくありません。「私、この人に抱かれておもいっきり感じてみたい」と予めサイト内や直のコミュニケーションの中で思ってもらえればいいのですから。

だから、掲示板やプロフ検索からメールしてもワリキリ女性以外と簡単に会うのは難しいですよ。ましてや最初のデートでホテルに行けたり、その後もお付き合いが続いてセフレになんかなってくれるわけがありません。「この人なら会ってみても安心」「この人となら、ホテルに誘われたらついて行っちゃうかも…。」ということころまで、きちんとコミュニケーションを取ることが、結局のところ最速の方法なのです







関連記事

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。