【稼ぐ為にww】出会い系サイトとマーケティングの話

どっちかと言えば、メルレや出会い系サイトで稼ごうと思ってる女性向けの記事ですww


【稼ぐ為にww】出会い系サイトとマーケティングの話


逆に、これが女性のキャッシュバッカーさんの手口ですよ、っていう、男性向けの記事でもあるww




そして、ここでマーケティングの話(笑)


一般的にビジネスで成功する為には、どうしたらいいのでしょう?
大まかな戦略って、↓この3つではないでしょうか?

(1) とにかく数を集める。
(2) リピート率を高める。
(3) 高付加価値で勝負。


さて、これをメルレさんとかに当てはめて考えると…。

「コピペのメールをばらまく」のは(1)ですよね。


とにかく、数をこなす。返信があろとうなかろうと、中傷メールが来ようと気にしない。
「個人特定してバラまくぞ!」とか「買春婦に興味はありません」でも、メール1通は1通。
中傷メールでさえ無視されるよりもマシ。
それでポイントが貯まると思えば、ありがたいww

運良く、出会い系サイト初心者さんで、メールが続いたらそれはそれでラッキー。

ひたすら、コピペのメールをバラ撒いて、塵も積もれば山となる、ってわけです。



「日記の読者を増やして、仲良くなる」のは(2)の手法。


楽なのは、この方法。

但し、ポイント消費してでも「メールで会話をしたい」っていう男性会員を集めなきゃいけないので、コミュニケーション能力や人間的な魅力が必要。

mixiやTwitter、FacebookなんかのSNS好きでメール魔の女性にはこの方法が一番確実。
デジカフェとかで、SNS感覚で毎日ログ(日記)を書いてみてください。

ログ(日記)を書いている方が男性会員の目に触れやすいし、リアクションをコメントじゃなくて、メールでしてくれたりします。
(もちろん、仲良くなったら直メなり「会いたい」って話になるわけですがww)

さらにコメントをしたり、貰ったりでレベルも上がっていくので(ポイント加算率が上がります)、ログは必須。
SNS好き女子には、お勧めの出会い系サイトです。

※男性会員のメール1通にかかる料金が他のメジャー出会い系サイトよりも高いので、還元率も高いんじゃないかな?



「エロ写メやエロ日記、エロ掲示板」がこの(3)なのかな?


出会い系サイトをやっている男から見た場合、「高品質」「高付加価値」っていうのは、ハッキリ言ってエロさなんですww
↑わかりますよね?

エロ記事書いて、エロ写メが貼ってあればそれだけである程度男性会員からのメールが来たりします。
↑当然「いっしょにキモチ良くなりませんか?良かったらお返事ください」的なメールだけどww

デジカフェのウラログにも、溢れてますよ、エログ職人さんがww

オナ写メだったり、キャミ一枚ノーブラの乳首のポチだったり、フェラ顔のクチビルだったり。

そんなのを毎日アップしてる女性はそれなりに稼いでますよww




さて、どれが一番儲かるでしょう?


コピペの数撃ちゃ当たる、はなかなか続かない。
作業と割りきってそればりに手間をかければ、そこそこは稼げると思うけどww

長い目でみれば、(2)だと思うんだけど・・・。
楽しみながら、ポイントが貯まって行くのがやっぱり理想的ですよね?

割りきって、エロ写メをばら撒けるなら、(3)のパターンもアリだと思うけど、なかなか、ねww



そして、もう一つの方法


ハッピーメールとかhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1052HE+3SCMNM+YQK+63WO2"" target=""_blank"">PC☆MAXhttp://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1052HE+3SCMNM+YQK+63WO2"" alt="""">大手出会い系サイトだと紹介制度があるので、普通のブログだったりTwitterで自分の出会い系サイトでの体験談や妄想をアップして、そこから登録してくれたら数千円の報酬。ってこれが一番大きい。

特に女性は。

「私、このサイトでセフレ探してます」なんてブログを書いたら…。

ま、月に何人かは登録してくれるんじゃないかな?
更新頻度だったり、記事の内容にもよるけどww


ま、これから出会い系サイトのメルレやポイントゲッターをやってみようと思う女性は、まずは「数撃ちゃ当たる」方式をトライしてみて、日記を書いて仲良しさんとメールをしながらポイントを貯めて、決心が付けば、エログ職人の道を歩んで行けば、それなりのお小遣いくらいは稼げると思うよ。
↑その前に、挫折しなければww

んで、出会い系サイトでの経験を積んで、スキルも上がったら、ブログやツイッターでサイト紹介をして、報酬を。
というのが、ステップなんじゃないかな?





関連記事

Comment (0)

非公開コメント